主な業務 | 幅広い世代が働いているタクシードライバーの仕事

幅広い世代が働いているタクシードライバーの仕事

タクシーを止める男性

主な業務

ドライバーの主な求人は、バスやタクシー、トラックなどです。
ドライバーということは、運転手の求人ということになります。
バスやタクシーの場合は、乗客を乗せることが主な業務になりますが、トラックの場合は、貨物を運ぶのが主な業務になります。
移動手段として車を使用している人は多いですが、ドライバーの場合は、お金をもらって乗客や貨物を運ぶプロですから、高い運転技術が必要になります。
自分が高い運転技術を持っているからといって、自惚れずに、安全運転を心がけることが大切です。
ドライバーの求人に応募して働くことができますが、バス会社やタクシー会社の社員だけではなく、業務委託として働くこともできます。

バスドライバーの求人内容は、乗合バスと貸切バスの2種類あります。
乗合バスの場合は、地域の人の移動手段、足となるので、時間をしっかり守って、なおかつ安全に運転する必要があります。
貸切バスの場合は、観光、修学旅行などで利用されるので、車内の雰囲気を盛り上げるスキルが必要な場合もあります。
タクシードライバーの求人内容は、法人タクシーと個人タクシーがあります。
法人タクシーは、会社が保有しているタクシーを使用しますが、個人タクシーの場合は個人事業主として、個人が所有しているタクシーを運転することになります。
流し営業だけではなく、液やホテルなどの乗り場でお客様を待ったり、無線に従ってお客様を迎えたりすることもあります。
トラックドライバーの場合は、求人内容によって、運転する車の種類は異なります。小型トラック、普通トラック、大型トラックなど様々です。
トラックドライバーの主な業務は、トラックを乗りこなして、個人の荷物や、産業の原材料を運ぶというものです。