平均年収 | 幅広い世代が働いているタクシードライバーの仕事

幅広い世代が働いているタクシードライバーの仕事

タクシーを止める男性

平均年収

求人を探す上で気になるポイントが、給料です。ドライバーの給料は、求人によっても異なります。年収の相場を知っておくと、求人を探す時に役に立ちます。
バスドライバーの平均年収は、約430万円です。基本的に、毎月同じ額の給料が会社から支払われます。
特徴としては、待遇面に官民格差が大きいことです。そのため、民間の会社よりも公営の会社の方が、給料や待遇面が良いです。
もちろん新人の時よりも、年数を積み重ねているベテランの方が給料は高いです。経験を積めば基本給は高くなります。

毎月同じ額もらうことができるバスドライバーと違って、タクシードライバーの場合は、歩合制になります。
そのため、多くのお客様を乗せて、長い距離を走ることで給料が増えるのです。しかし、逆にお客様をあまり乗せることができなかった場合は、その分給料は少ないです。
平均年収は300万円程度と、高いとは言えない求人です。ただ、中には年収800万円を稼ぐようなタクシードライバーもいるのです。
つまり、自分が頑張れば頑張る分だけ、その分収入として反映されることになります。

トラックドライバーの平均年収は、約400万円です。勤務する会社や、仕事内容によっても給料は変わりますが、一般的には地方よりも都心部の会社の方が給料は高いでうs。
月給で支払う会社もあれば、日給で支払っている会社もあるので、求人応募する際に確認しておきましょう。
トラックドライバーは、長距離を走ることがほとんどなので、安全に運行するということが重要になります。
事故することなく働き続けることで、特別手当をもらうことができる場合もあります。しかし、逆に事故を起こしてしまうと、トラックの修理費用を支払う必要があります。
トラックやトレーナーの種類は様々あります。珍しい車種を運転することができれば、その分給料も上がります。