免許を取得する | 幅広い世代が働いているタクシードライバーの仕事

幅広い世代が働いているタクシードライバーの仕事

タクシーを止める男性

免許を取得する

バスドライバー、タクシードライバー、トラックドライバーなどの求人に応募する場合は、免許が必要になります。
ドライバーの求人は、自動車を運転することですから、その運転免許が必要なのです。
どのドライバーの求人に応募するかによっても、必要な免許の種類は異なります。
運転免許は必要不可欠ですが、必要な学歴などはあまりありません。
多くの企業が、高卒以上が採用条件としていますが、学歴が重視されることはあまりなく、体力や仕事への意思が要求されます。

バスドライバーの場合は、大型第二種自動車運転免許が必要になります。
バスドライバーの求人先は、主に路線バス会社、観光バス会社などです。入社したら、運行する路線の停留所を覚える必要がありますし、地理を学ぶ必要があります。
また、運転だけではなくアナウンスをする必要もあります。新人のうちは、マナー研修なども受けます。
タクシードライバーの場合は、普通自動車第二種運転免許が必要です。
主な求人先は、タクシー会社です。タクシー会社は、第一種普通運転免許を支持している人が優先的に採用されることが多いです。
年齢制限はありませんが、普通自動車第二種運転免許を受験するためには、21歳以上である必要があります。
トラックドライバーとして働くためには、物流会社や運送会社に就職することがほとんどです。
トラックの運転は、通常の車とは違って、特別な技術が必要なので、経験者だと優先して採用されることが多いです。