幅広い世代が働いているタクシードライバーの仕事

サポートドライバーしませんか

主な業務

ドライバーの求人は様々あります。代表的なのは、バス、タクシー、トラックなどです。主な仕事は、乗客や貨物などを目的の場所まで届けることです。働く上で重要なポイントは、時間と事故です。

Read More

免許を取得する

ドライバーの求人に応募するためには、必要な学歴などありませんが、車を運転するための免許が必要になります。タクシーの場合は、二種免許が必要ですし、大型トラックを運転する場合は、大型免許が必要になります。

Read More

平均年収

求人によっても給料は異なりますが、ドライバーの平均年収は約400万円程度です。平均年収は400万円ですが、会社の規模、地域などによっても給料は変わります。トラック運転手の場合は、難しい車種が運転できると給料が高くなります。

Read More

特徴

街中を歩いていると、多くのタクシーを見かけます。田舎の場合は、少ないですが、都内に行くと多くのタクシーを見かけることができます。
タクシードライバーは、大別して2種類に分けることができます。法人タクシーと個人タクシーです。
法人タクシーは、37万人程度で、個人タクシーは4万6千人程度です。この数字を見ると、タクシードライバーは非常に多いことが分かります。
一般企業の定年は、60歳の場合が多いですが、タクシードライバーの場合は、65歳~75歳と定年が高いです。そのため、働いている平均年齢も56歳と高いです。
定年が高いということもあり、サラリーマンとして働いて定年した後に、次の職業としてタクシードライバーとして働く人も少なくありません。
基本的に、自由度が高い働き方ですが、勤務時間は長めです。
タクシードライバーの中には、警備員講義や救急員の講義を受講したドライバーもいます。このようなドライバーはサポートドライバーと呼ばれています。
このサポートドライバーのいるタクシー会社では、緊急の際にも対応できるようなサービスも提供しています。

務めるタクシー会社によっても異なりますが、基本的に働く日にちや、休みの日にちは自由に決めることができます。
また、ドライバーという仕事なので、車を運転することができれば、年齢が高い方でも始めやすい仕事でもあります。
勤務時間が長いという特徴があるタクシードライバーですが、月に13日しか働くことができません。つまり、他の日は休みということになります。
朝から翌朝の1日中働いた次の日は、休みとなります。
タクシードライバーは、あまり稼げないというイメージがありますが、中には年収800万円以上稼いでいる人もいます。
しかし、月50万円以上稼ぐ人はタクシードライバー全体の約3パーセント程度しかいません。ですから、誰でも月50万円以上稼ぐことができるというわけではありません。
最近では、高齢化社会に伴いサポートサービスを行っているタクシー会社もあります。
自宅へ迎えに行き、買い物の際もサポートを行っています。

オススメリンク

  • 人気を集めているタクシードライバーの求人ならこちらをチェック!先輩が丁寧に指導してくれるので未経験でも安心のお仕事です!

将来性

求人を探す上で、多くの人が気になるのが、その仕事の現状と将来性です。ドライバーの高齢化が進んでいるだけではなく、若者の志望者が減少しています。そのため、待遇面が良い職場も増えてきています。

Read More

やりがいを知ろう

求人は給料だけではなく、仕事内容のやりがいも知っておいたほうが良いです。タクシードライバーのやりがいは、毎日多くのお客様と会うことができることです。それだけでも、十分な充実感を味わうことができます。

Read More